-まずはお二人との関係性から教えていただけますか?

 

椎名未緒(以下、未緒):Yo-shiT君がやっていたxTRiPxとは対バンをしてました。ただ、対バンするより前に、俺がデルフィニウム解散後のメンバー探しをしてるタイミングで、知り合いが推薦してくれたのがYo-shiT君で、まだ当時は九州で活動していたので滅多に東京には来なかったんですけど、東京に来た際にこっそりライヴを見に行って、これは声掛けちゃいけないと思って人知れず身を引きました。

 

-なぜ声を掛けなかったんですか?

 

未緒:万が一彼がオファーを受けてくれたとして、そのためにこのバンドを壊すのはあまりにも惜しいと思うくらいxTRiPxがかっこよかったんです。僕はバンドマンですけど、元がビジュアル系のファンなので、一人のビジュアル系リスナーとしてこのバンドは壊しちゃいけないと感じました。

 

-お互いにバンドのイニシアチブをとっているという共通点もありますね。

 

未緒:友達になる人にそういう人が多いんですよね。Yo-shiT君とは同い年だし、シンパシーを感じる部分はとても多いです。同業種の人と自分を比較した時に、この部分は勝ってるけど、この部分は負けてるなと感じる事はよくあるんですけど、当時彼にはもしかしたら全部負けてるんじゃないかと思っていたくらい尊敬してます。今回レコーディングしてさらにその思いは増したし、ミュージシャンとしてのこだわりや職人技を感じたりもしました

 

Yo-shiT:僕も未緒氏の事は自分と同じ目線でコンポーザーやバンドマスターとして尊敬していて、書く曲や、音使いも含めてたくさん刺激をもらってます。それになによりギタリストとしても素敵でキュンとするフレージングが多いなと思います。

 

未緒:普通にうれしいです(笑)

 

-てんてんさん(平一洋)とはいかがですか?

 

未緒:てんてんさんに関してはただ単純に餞〜ハナむケ。〜時代からファンとして見てました。ケミカル(ケミカルピクチャーズ)のギターのJoeさんがデルフィニウム時代のレーベルの先輩だったのでそれきっかけでちょっとずつ近づいたんですけど、人見知りなので自分からは行けずに(笑)

 

平一洋(以下、平):俺、たしか話しかけたよね!

 

未緒:そうなんです。ライブハウスで「曲、めっちゃいいね!」って話しかけてくれて。ただ、面識という面識はあまりなくて、今回初めてちゃんと話したと思います。

 

平:これ話していいのかわからないけど、ケミカルのギターに誘ったの覚えてる?

 

未緒:もちろん覚えてます!すごく光栄だったんですけど、当時はキャンゼル解散直後で1からバンドを作りたかったのでお断りさせてもらいました。

 

-では、今回オファーをした経緯を教えてください。

 

未緒:Yo-shiT君は、俺の作ったデモの中にセクシーな声を想像して作った曲があって、今回ソロをやるにあたってその曲を使うことにしたので、俺のイメージに一番しっくりくるYo-shiT君に歌ってもらおうと声を掛けました。

 

-これまでもそういうセクシーな歌い回しを想像して作った曲はあったんですか?

 

未緒:ユナイトの「epilogue」はそういうイメージで作りました。当時、Yo-shiT君に「こんな曲作ったよ」って何気なくデモを送ったらイントロに即席でラップを入れて返してくれて、こういうこと!って思った覚えがあります。

 

Yo-shiT:あった!懐かしい!!

 

未緒:でも、はじめ断られると思ってたんですよ。というのもYo-shiT君はすごくこだわりが強いから、勝手なイメージで「人の歌は歌わんばい!」みたいなタイプかなと思ってました(笑)。なので誘ってダメなら諦めがつくけど、誘わないで勝手に諦めるのはもったいないと思ったのでダメ元で声を掛けました。

 

-オファーを受けた率直な感想はいかがでした?

 

Yo-shiT:バンドを解散してからは、もうバンドもやらないし、歌わないと思っていて、年に1回だけ弟達(直人(ダウト)・正人(ベル))とライヴやるくらいだったんですけど、今年は表に立つ機会が多くて、新しくバンドを始めようとかは思わないけど、そろそろ歌ってもいいのかなと思いだした所に声を掛けてもらえたので、未緒氏の曲も好きだしいい機会かなと思って「よかばい」って答えました(笑)

 

未緒:俺の中ではオファーして一度話を持ち帰られるところまで想定していたんですけど、即答してくれたのが意外だったし、うれしかったです。

 

-てんてんさんは今回唯一現役のボーカリストですね。

 

未緒:以前の対談でも話しましたけど、今回参加してもらったボーカリストは今現在バンドを組んでいない人達を中心に声を掛けていて、この「鋼鉄のリンネ」もはじめは別のボーカリストに声を掛けていたんです。

 

-そうだったんですね。

 

未緒:その人にコンタクトも取り、少しやりとりをしていたんですけど突然連絡が取れなくなってしまって。それでも3ヶ月位は待ってたんですが、これ以上待つとこの曲の収録を見送るか、リリースをかなり遅らせるかのところまで来てしまい、この企画自体が頻繁にできるものでもないし、出せるときに出しておかないと曲へのモチベーションが下がってしまうので、どこを妥協するかを考えて現役ボーカリストでもいいかって。

 

-そこでてんてんさんに白羽の矢が立った、と。

 

未緒:逆にその縛りがなかったらてんてんさんに真っ先に声掛けてました。

 

平:途中まで補欠だと思ってたけど、ちゃんと心決めて誘ってくれたんだね。

 

未緒:ちょうど今回のアー写撮影をしてる時にてんてんさんに連絡して、そうしたらすぐやるって言ってくれて。

 

平:数年ぶりに連絡をもらったのでただ事ではないと思ったし、未緒君のことは昔から作曲者として一目置いている存在だったので話を聞いて即OKしました。それになにより人の集め方のセンスが凄ぇなって思ったし。

 

未緒:もとを正すと、現役じゃない人を誘った理由が仕事感覚でなく楽しく歌ってほしいというもので、その点てんてんさんはめちゃくちゃ楽しんでくれたのでそこに関しては何の問題もなかったですね。

 

平:めちゃくちゃ楽しかった!音楽ってこれか!って思った。

 

-てんてんさんから見て未緒さんの印象はいかがですか?

 

平:最近のヴィジュアル系で曲がかっこいいバンドって減ってると思ってて、その中で未緒君はボーカルのことも考えて曲を作ってるなと思ってました。それで今回は軽はずみにOKしたんだけど、その反面若干の不安もありました。

 

-どのような不安でしょう?

 

平:今回レコーディングのエンジニアも未緒君がやると聞いていて、レコーディングはエンジニアと呼吸がかみ合わないとストレスになってやる気がなくなっちゃうので、あまり喋ったことのない未緒君と呼吸が合うかなっていうところです。でもエンジニアとしてもたくさん俺の事を引き出してくれたので全然問題なかったです。

 

-では、今回を経て未緒さんの印象はどう変わりましたか?

 

平:一目置きつつ喋ってない人に対してはどうしても構えてしまうんだけど、今回話してみて、イメージ通りというか、いい意味でフィットしたなと思いました。プライベートでも会いたいなって思うけど、仲良くなると俺迷惑かけるタイプだからそこが心配で自分からは誘えない(笑)

 

-レコーディングの日で仲が深まったんですね。

 

未緒:そう思ってもらいたいです!

 

平:俺はすごく思ってる!

 

-では、曲の話に移りたいと思います。デモを聴いた印象はいかがでしたか?

 

Yo-shiT:単純にかっこいいな、歌いたいなと思いました。それと同時にレコーディングまでにあまり歌いすぎないようにしようと。

 

-その理由は?

 

Yo-shiT:昔どう歌っていたかとか作り込みすぎたくなかったのと、レコーディングの時に話し合いながら録りたいという思いがあったので。でも当日未緒氏からは「お兄ちゃん(Yo-shiT)の好きに歌っていいよ」と言われたので、今いける自分のかっこいいやつでいかせてもらいました。

 

未緒:今回参加のボーカリストの皆さんには具体的なディレクションをあえてしていないんです。全員に俺の物差しでディレクションをしてしまうと、それぞれの魅力が俺基準で平均化されてしまうと思ったので、それぞれの歴史や能力をそのまま出してもらう方がCDとして考えた時に面白い作品になると思ったので。

 

-てんてんさんはいかがでしたか?

 

平:俺の経験上、曲のデモに自分の声を入れてくるヤツって大体センスがあるヤツだと思ってて、今回「鋼鉄のリンネ」のデモにもバッチリ声が入ってて最高だなと思いました。あと歌詞ですね。俺自身メッセージ性を大事にバンドやってたはずなのに丸くなってしまったというか、歌詞に俺が忘れてた何かがあるなと感じて、いい意味で棘のある歌詞でそれを俺に託してくれたのでかっこよくしなきゃいけないなと感じました。

 

-それに対して未緒さんはどのようにこの2曲のデモを作られましたか?

 

未緒:実は「-273.15℃」はそもそもユナイトでやろうと思って作った曲ではないんです。

 

-というと?

 

未緒:バンドのために曲を書くのが仕事なんですけど、仕事のために曲を書いてるって考えてると曲を書くのが嫌になっちゃうので、時々それをリセットするために実用性を無視して自分が気持ちいいだけの曲を作るっていうのが定期的にあるんです。

 

-なるほど。

 

未緒:だからどうせユナイトでは出来ないし、誰にも歌われないからキーも気持ちいい鳴り方がするところに設定したりしてるので、この曲ははじめもっとキーが高い女性ボーカルのイメージで作った曲なんです。

 

-そうだったんですね。

 

未緒:でもソロをやるって決めたときにこの曲を使いたいと思って、男性に歌ってもらうならYo-shiT君みたいなセクシーな声がよかったのでキーを下げた、と。

 

-「鋼鉄のリンネ」の方はクレジットが未緒名義ですね。

 

未緒:未緒クレジットなのは元がユナイトでのライヴ用に作った曲なんですけど、ユナイトで通らなかったのでソロに回しました。これは歌詞の話になってしまうんですけど、俺自身キレイなことを歌う歌詞が好きなんですけど、当然自分がキレイな人間だとは思ってなくて、純粋な所もあれば醜い所もあるのが人間じゃないですか。

 

-はい。

 

未緒:そのキレイな所だけをアウトプットしていくと、本来自分の中にあるキレイなものがまるで嘘みたく感じたり聞こえたりしてしまって、それの整合性を保つために毒も吐いておかないと、ただキレイごと言ってるだけみたくなってしまうので、昔から結構悪口や愚痴を歌詞にしてたんです。

 

一同:笑

 

未緒:そこで問題になるのが、俺がボーカルならよかったんですけど、ボーカリストに俺の悪口を代弁させる事になるじゃないですか。それがバンド内でズレになり、ユナイトとしてそういう歌詞は歌いたくないという意見も出てきて、結果的にユナイトでは結さんがマインド的に歌いやすいものをアウトプットしていこうと決まりました。そうすると俺の中で出せずにいる醜悪な部分は膨れ上がってくるわけです。

 

平:なるほどね。

 

未緒:そこで、その醜悪な部分をソロだったら出してもいいんじゃないかな、と。というか出さないと他の曲との整合性が俺の中で合わないし、この文面上やけにキレイな言葉も本当に思っていることだと伝えるためにめちゃくちゃ悪口も書かなきゃっていうのが唯一この曲です。

 

平:俺は大体人の悪口を歌詞に盛り込んでるからかっこいいのきたなって思ったけどね(笑)。その時に何か敵がいないと歌詞が書けないのかもしれない。そんなことない?

 

Yo-shiT:僕はHIP-HOP育ちなんで。

 

一同:笑

 

-元々ユナイトでは使われないであろう曲が今回ソロに回ってきたという事なんですか?

 

未緒:今回のソロ曲に関しては1曲を除いて『NEW CLASSIC』の選曲会で通らなかった曲です。『NEW CLASSIC』に「ubique」って曲があるんですけど、結さんがその曲と「鋼鉄のリンネ」のデモのどちらを収録するかで悩んだ結果「ubique」がユナイトで使われたので、「鋼鉄のリンネ」が通ってたら「ubique」がソロ曲に回ってました。なので、もし「鋼鉄のリンネ」が選曲会に通ったら歌詞も全然違うものになっていたのと思います。

 

-そうかもしれないですね。

 

未緒:ただ、曲が呼んでる歌詞ってあるじゃないですか。この曲に関しては曲が俺に悪口を書けって言ってるのに、そうでない歌詞を書くのは違和感があるし、選曲会に通ったらきっと悪口は書けてないので結果的にソロ用になってよかったのかなって思いもあります。

 

-曲が報われますね。

 

未緒:曲もだし、俺も報われたかもしれないです。

 

-歌詞の話が出たので歌詞の話も聞かせてください。

 

未緒:「-273.15℃」は今回のソロ曲の中で一番ネガティブで、この曲を書いた当時自分の中で消化できないものがたくさんあって、それを消化するためには心を殺すしかないとさえ思っていました。その中で、今まで俺がやってきた事やアイデンティティを変えずどこかに保管しておきたいという意味で“cryonics=冷凍保存”という言葉を使って表現しました。

 

-ちなみに自分以外の人が書いた詞を歌う事についてはいかがでしたか?

 

Yo-shiT:母音や言葉割が自分と違うので歌うのがすごく難しかったですけど、新しい発見もあって面白かったです。歌っていくうちに掴めて来て、場面場面でどう表情をつければ言葉が前に出るかを意識して歌いました。

 

未緒:これは俺も仮歌録る時に歌いづらかった(笑)。でもその当時の気持ちを書いた思い入れのある歌詞なので歌いづらくても歌詞が変えられないという事情もあって。

 

平:でもそういう言葉って大事だと思うな。

 

未緒:面白かったのは歌詞の事情はYo-shiT君には話していないんですけど、俺の感覚ではYo-shiT君の歌は情熱的なイメージがあって、でも曲のアレンジは全体的に冷たく聴こえるようにしたんです。そうしたら一定の冷静さを保ちながらも情熱的な歌を乗せてくれて、俺の凍っていた心を溶かしてくれるような歌になって感動しました。俺の仮歌の温度はもう完全に死んでたので(笑)

 

-対する「鋼鉄のリンネ」の歌詞はいかがですか?

 

平:俺はこの歌詞読んですごいスカっとした!

 

-ちなみにてんてんさんは自分以外の人が書いた歌詞を歌った経験はありますか?

 

平:カバー以外だとすごい昔に1回だけあって、その時が最低な気持ちだったな。さっき未緒君が言ってたみたいに自分の思い描いてる歌詞と違う歌詞が乗ってて、イメージと違うんだけどなと思いながら仕方なくテキトーに歌っちゃったので、やっぱり歌詞は自分で書きたいという思いはあります。でもこの曲に関してはハマりもいいし、バッチリでした。

 

-それを受けて未緒さん、いかがですか?

 

未緒:ユナイトには“終わらない”というキャッチフレーズがあるじゃないですか。あれってバンドを始める人みんなそうだと思うんですけど、結成の時点で終わることを想定して組む人っていないと思うんです。出来ることならバンドが一生続けばいいと思って始めるけど、想像しうる未来に解散があるからなかなか“終わらない”って言えない。言ったらかなりの高確率で嘘になっちゃうし、嘘になれば突っつかれるから。

 

-そうですね。

 

未緒:でもそういうのがなかったらみんな終わりたくないんじゃないの?って思って。それなら俺が言ってやるってユナイトで“終わらない”を掲げたんです。でもその言葉尻を捕えて「そういうこと言ってるバンドほどすぐ解散する」みたいなことをバンドマンに言われてることを人伝いに知って。

 

-同業者に言われたんですね。

 

未緒:リスナーなら全然いいんですけどね。でもそういう声も自分の中で消化しながらユナイトを8年やってきて、思い返したらそう野次ってる人ほど一過性で流行ったコンセプトをなぞっただけで、どんどん死んでいったなぁ……みたいな感じで(笑)

 

平:ただ、俺も2年周期でバンド解散してるからそれ聞いてると辛ぇわ(笑)

 

一同:笑

 

平:俺も終わりたくないって思ってるし、俺が子供なのかもしれないけど、本気でバンドや音楽にぶつかってたら結果的に短命になっちゃって。でも感情を豊かにするのがボーカルだと思うので、それを我慢するとダメになっちゃうというか。もちろん周りの長く続けてるバンド見て自分もって思うけど、やっぱり自由でいるのが一番楽しいんだよね。

 

未緒:ただ俺は解散することが負けとは思っていなくて。いかにして解散するかというか、死に際の美学として、明らかにパクリみたいなバンドをやって気がついたら消えてるようなバンドをやって楽しかったの?みたいな。そういう意味では結果的に解散したけどxTRiPxも餞~ハナむケ。~もKuRtもケミカルもマイバク(My BACTERIA HEAT IsLAND)も未だに俺の中で輝いてるんですよ。

 

-どのバンドも記憶に焼き付いてますもんね。

 

未緒:その中でてんてんさんは変わり続けるやりたいことをずっとやろうとしてる人だと思っていて、それを貫くために結果的に2年周期でバンドが解散したとしても、てんてんさんがやりたいことをやるという軸がブレてないし、もちろんそれがパクリということもないし、何をやってもちゃんとてんてんさんの歌になってしまうんですよ。

 

平:でも俺は影響されやすいから後から言われて気付くことがあったりするし、今回のレコーディングのときも「〇〇っぽいな」とか思ったりしたんだけど、未緒君が「そんなことないです!俺にはそう聴こえないです!」って強く言ってくれたのはうれしかったし、エンジニアとして引き出し方がうまいなと思った。

 

未緒:でも俺ちゃんとエンジニアとして録るの今回ほぼ初めてですよ。

 

平:本当に?!さっきも言ったけどエンジニアと阿吽の呼吸で作業が進まないとストレスが溜まるし、そういうエンジニアはクリエイティブじゃないと思う。最近は誰でもエンジニアって名乗れちゃうからこそ俺の良い所も悪い所もわかったうえで接してくれて、痒い所に手が届くような未緒君のエンジニアリングはびっくりした。

 

未緒:今すごく褒めてもらいましたけど、俺としては好きな声を選ぶ形でオファーしてるので歌ってもらえるだけでうれしいし、そのうえでもっとあぁしたい、こうしたいって言ってくれるので、どれもOKテイクなんですよね。だからエンジニアとしてテクニックを使ったとかではなく単純にファンの目線でやったというか(笑)

 

平:でもエンジニアに愛がないといけないなと思うよ。

 

Yo-shiT:僕もエンジニアをやっているので、エンジニアをやるうえでアーティストのファンでいるというか、同じ方向を見て作品を作るのが大事だと思うし心がけています。

 

-最後にこの企画に参加していかがでしたか?

 

Yo-shiT:今回誘ってもらえて光栄でしたし、今回だけに限らずまた別の形でも音を重ねてみたいなと思えるレコーディングだし作品になったと思います。ありがとうございました。

 

平:レコーディングのときに未緒君に「何の為にソロやってるの?」って聞いたらお金を稼ぐためにはやってないですって言ってて、俺自身もう音楽で飯食っていけない時代だと思ってるから、それでもやるって言うからこそ力になりたいし、この先2弾、3弾ってあるなら固定しておいてほしいくらい楽しかったし、次呼ばれなかったら恨む!(笑)

 

未緒:じゃあ曲を気に入ってもらえたら是非歌ってください!

 

平:今回もめちゃくちゃ気に入ってるし、どうせ作る曲全部かっこいいのわかってるから。

 

-最後に未緒さん、お願いします。

 

未緒:お金稼ぐのが目的じゃないっていうのはみんなに言ってて、本来であれば予算を抑えて作るべきなんでしょうけど、後悔しないように納得いく形でリリースしたかったので、想像よりもそれなりの経費がかかったんですね。ただ、先日トラックダウンが終わって出来上がったもの聴いたら、俺はこの出来に対価を支払ったんだと、全く後悔がなかったんです。

 

-僕も聴かせてもらいましたけどどの曲もすごい良かったです。

 

未緒:それと同時にこれは俺に情熱がないと無理だなということがわかったし、これが仕事にならなくてもやる価値が充分にあると感じたし、むしろこれをやらなくていいやと思ったらミュージシャンを辞める時だと思います。それくらい自分の中で大事な何かが詰まってるので頻繁に出来なくても俺が自分をミュージシャンだと思ってる限りは続けていきたいと思えたかなり大きな要因の二人です。

 

平・Yo-shiT:ありがたいです。

 

未緒:それにてんてんさんに関しては最後の最後に藁にも縋る思いで頼んだので、あの1曲が入ってなかったら俺の中では成立しなかったし、ちゃんと自分のキレイな所も汚い所もパッケージできたのがよかったなと思います。仮にこれをリリースして死んでも後悔がないし、葬式でかけてくれ、と。

 

平:素晴らしい!

 

未緒:二人とやれてよかったです。お二人に見合う曲が書けたらまた宜しくお願いします。

 

平:俺はいつでも待ってるよ!

(取材・文 オザキケイト)

Copyright © 2018 APPLIQUE All Rights Reserved.